腸内環境を改善して、スッキリ健やかに幸せに過ごすための食品、飲料製品、情報を掲載。

さわやかな朝食健康

「腸をきれいにする」

 

 

このホームページのテーマです。

 

 

このホームページでは、腸内環境を改善して、スッキリ健やかに幸せに過ごせるようになるために私が「いい」と感じた食品、飲料製品などを掲載します。

 

 

また、腸内をスッキリ改善するための情報を発信していきます。

 

 

こんにちは、まりりんといいます。

 

 

女性にとっても多くて、毎日安定した気持ちで過ごせない原因…それは「快腸でないこと」ではないでしょうか!(。・ω・)ノ゙

 

 

そういう私も、

 

 

「便が毎日出ない」

 

「気持ち悪い」

 

 

ということに30(!)年余も悩まされてきました。(; ̄ー ̄A

 

 

今は自分に合った健食を見つけて、決まったタイミングで出るようになりスッキリ継続しています( ̄∇ ̄)

 

 

でも、腸の強い弱いはある程度体質によりますし、ケアは継続が必要だと思いますので、今までも、今も、これからも、腸内メンテナンスには余念がありません。

 

 

⇒まりりんの紹介

 

 

腸が弱いのは体質…ばかりではないと思います。後天的な原因も大きいです。

 

腸が弱いのは遺伝のせい?

毎日、スッキリした気分になれたら、人生が変わるのに…

 

 

頑張って「腸にいい、と言われることを試して来てもなかなか改善しないのは、ある程度体質です。

 

 

上にも書いたように、腸には生まれつき強い、弱いがあると思います。

 

 

いえ、腸が弱いというより、腸を弱くする原因があります。それは以下のことです。

 

 

  • 消化酵素の分泌量が少ない
  •  

  • 腸の動きが弱い
  •  

  • 善玉菌の働きが弱い

 

 

これらのことは、もともとの遺伝的な体質もあると思うので、劇的に改善することは難しいと思います。

 

 

ですが、現代社会においては後天的な原因も大きいと思うのです。

 

 

腸は生まれた時から、毎日毎日食べ物を「消化」「発酵」「排出」するために働いてきました。

 

 

長年働いているうちに、大きな負担がかかって、だんだん腸内の環境が悪化してきた、ということは十分考えられます。

 

 

私たちが生まれたころは、もう日本は豊かになっていましたから、食卓には脂の乗った魚、肉が主菜として並びます。

 

 

ごはんは白いピカピカの白米です。日本古来の食べ物。たとえばお漬物なんか、食べる機会どんどん減ってるんじゃないでしょうか。

 

 

私は大好きなんですが、「サトイモの煮転がし」なんて、生まれて大人になっても、一度も食べたことのない人とか普通にいそうです。

 

 

サトイモの煮転がし

でも、普段の昼食も、夕食も肉、魚、卵料理が主菜で、野菜は主菜に比べると量が少ないのが普通です。

 

 

このような食事はもう、私の小さいころからでした。

 

 

そして、小さいころから、お菓子を食べて育っています。

 

 

このような食事やおやつには消化を促す「酵素」は少ないですし、食物繊維なんかも少ないです…

 

 

小さいころからこのような食事やおやつが中心になると、消化不良になりやすくなって、腸内環境を悪くしてしまうんです…

 

 

体内の酵素が作れる量は限りがあるのです。

 

 

ひょっとしたら、今、消化が悪くて腸が弱い…とかいってるのは、けっこう後天的な原因だったりもするかもしれませんよ?(;´Д`A

 

 

腸内環境を変えるには「荒療治」が必要ですよ(;´▽`A

 

そんな長年かけて悪くなってきた腸が、いまさらうまく改善していってくれるのかな?というのはあるんですが、これはもうやってみるしかないですよね。

 

 

人間の体はどんどん老化(酸化)していきますから、「治癒力」は衰えていくものですが、治癒のための栄養、環境さえ整えれば、時間がかかっても、きちんと修復していく性質を持っているものです。

 

 

でも、毎日の食生活を気持ち改善していこうとか、水分をもっと取ろうとか、それくらいの小さい改善では「焼け石に水」だったりするので、腸に「劇的に」影響を及ぼすことを始めたほうがいいと思いますね。

 

 

私の場合は、

 

 

  • 発酵飲料で善玉菌を育てる
  •  

  • 食物繊維を補給して便を柔らかくするとともにかさを持たせ、排出しやすくする。

 

 

ということを意識してやって、腸内をだんだん良い環境にしていくことを目指しています。

 

 

これは終わることはないです。日々の健康のためにやっていることでもあるので。(*"ー"*)

 

 

腸は体の要です。

 

 

腸内環境の改善を意識すると、体調が良いので生活にはめちゃくちゃプラスですね。

 

 

サプリを始めたら、ずっとそれに頼りっぱなしになりそう…とは考える必要はありません。

 

サプリをはじめる

「何か腸のためにやりたいけども、『癖(耐性)』がついてしまいそうだから、控えている。」

 

 

という人もいらっしゃると思いますが、それは考え方、違うと思いますよ。

 

 

腸のために食物繊維サプリを飲んだり、乳酸菌サプリをやったりすることは、癖にはなりません。

 

 

体の代謝サイクルを「正のサイクル」に持って行くために必要なことなのです。

 

 

「正の状態」になることが、今後の体調の「正常化」をもたらすんです。

 

 

「正常化」させたら、それを持たせなくてはなりませんが、必ずも健康食品の力は必要ないのです。

 

 

ですが、「変えよう」とするには、最初はそれなりに「力」が必要です。

 

 

食べ物を変えたり、腹筋することでコツコツ変えていこう、は膨大な時間がかかりますし、その間にも体の、腸の老化は進みます。

 

 

それより、腸「劇的に」影響を及ぼす食品、飲料などを用いて、今のうちに変えてしまいましょう。

 

 

下記には「腸をきれいにする」、腸「劇的に」影響を及ぼす食品、飲料製品などを掲載するページを記載しています。

 

 

「腸をきれいにする」、腸「劇的に」影響を及ぼす食品、飲料製品とは?

食品消化力向上、善玉菌培養

★酵素は食品の消化不良を少なくし、乳酸菌、酵母菌などを含む発酵液により善玉菌を培養。腸内環境を修復していきます。
★多種の野菜、野草、海藻などのアミノ酸、ミネラル、ビタミン成分が新陳代謝を促進して、体全体をデトックス。

 

『天然野草酵素液』腸をきれいにする酵素・発酵菌が濃い

 

『酵素サプリ』発酵菌と発酵エキスで腸内環境を良くする!

 

『酵母サプリ』発酵力を持つ生きた酵母菌が摂れる

 

善玉菌培養、善玉菌供給

★生きた乳酸菌、ビフィズス菌など、善玉菌供給そのものを供給するサプリと善玉菌のえさになる「死菌体」となる乳酸菌やオリゴ糖を供給するサプリ2種類があります。
★生きた乳酸菌、ビフィズス菌は、個体差により合う、合わないがあるので、複数種類入っているものが効果的です。

 

『乳酸菌・オリゴ糖サプリ』善玉菌・善玉菌の栄養補給

 

排出力アップ、善玉菌培養

★発酵茶は緑茶を発酵させたプーアール茶、烏龍茶など。油を排出するデトックス作用があり、ダイエットに向きます。
★食物繊維茶、便秘茶は食物繊維をたくさん含み、便秘解消に向きます。便秘茶の食物繊維のほうが多く、強力。

『発酵茶・せんい茶・便秘茶便』スムーズに排出して免疫力を取り戻す

 

★便の排出力が最も強くなるのが、食物繊維をたくさん摂ること。オオバコを原料とした圧倒的な食物繊維量の粉末サプリです。
★便秘茶などよりも排出力が強く、一部は医薬品に近い医薬部外品となります。頑固な便秘の人にお勧めです。

『食物繊維サプリ』最も排便力を底上げして便通を劇的改善する

 

腸の活性酵素除去、アンチエイジング

★明日葉、大麦若葉などを使った青汁は抗酸化力が強く、腸内の活性酸素を除去。整腸力があります。
★食物繊維も多く摂れます。肉類や米、パン、菓子などの摂取が多く成りがちな人に。
★青汁に多いビタミンC、ビタミンEは肌を白くするアンチエイジング成分。
★血液の浄化作用のある葉緑素が多く含まれ、腸の悪玉菌が生み出し、血中に入り込む毒素をも除去。

『青汁・青汁抹茶』腸をきれいにする究極的な健康食品

 

★ミネラル温泉水はデトックス作用が強く、細かい水分子で体内の大掃除をしますアルカリ性が強く、腸の活性酸素を除去。
★水素水、水素サプリの水素は体内の活性酸素を還元すると言われています。でも水素水のアルミパウチ内の水素量に関しての議論がありますね。参照として掲載しておきますね。

『天然アルカリイオン温泉水』+『水素水』還元力と排出性が強力な水